アコムの増額に失敗したら?

アコムの契約時に用意してもらった融資枠が納得のいかない場合や、利用していく中で融資枠が足りなくなった場合は融資枠の増額を希望する事が出来ます。

しかしこの増額には審査があり、この審査に通過出来なければ増額を受ける事が出来ません。もしアコムの融資枠の増額に失敗した場合は他社のキャッシングに新規で申込をするという手段もあります。

増額の審査はアコムを長く利用している人等が対象となるため、少々審査のハードルが高いと考えて良いでしょう。増額に失敗した場合に限らず、増額の審査を受けずに新たなキャッシング先に申込をする方法も断然アリという訳です。

もし増額の審査に通過したとしても、僅かな額しか増額してもらえないケースもありますので、まとまった融資枠が追加で欲しい場合は新規申込も視野にいれてみましょう。 もし増額に失敗した場合や新規に申込をしたい場合はコチラのキャッシングが非常にオススメです。

新規で申込をするならココがオススメ!

もしアコム以外のキャッシングを利用しているなら新規でアコムに申込をするのを強くオススメします。最短30分の審査で急ぎでお金が必要な方も安心して利用出来ますよ!
プロミスは新規申込で30日間無利息のサービスを受ける事が出来るとってもお得な消費者金融です。増額してもらうより断然お得なのでオススメです!
まとまった金額の増額希望に失敗しても総量規制対象外のバンクイックなら安心!年収の3分の1を越えた額でも借入可能ですので融資額に不安がある方にオススメです。

アコムの金利・限度額について

アコムのカードローンは誰でも利用できるわけではありません。20歳以上で安定した収入のある方で、さらにアコムの審査に通過しなければ、カードローンを利用することはできません。アコムの申し込み条件に「安定した収入があること」となっていますが、ここでは、仕事をしていることを意味します。

そのため、アルバイトやパートであっても、決まった収入があれば審査に通過する可能性が高いでしょう。逆に、無職の方、日雇いの仕事、ある時だけ仕事をするなど、不定期の仕事に就いている方は、収入が安定しているとはみなされませんので、審査に通過することは難しいでしょう。また、審査においては他社の利用状況が重視されます。

他社からの借入がゼロであれば、特に問題ありませんが、複数の業者から多額の借入がある場合、審査で否決されることが多くなっています。たとえ、年収が高く、収入が安定していたとしても、毎月の返済額が多くなると、これから先、きちんと返済してもらえるかどうかわからないとのことで、審査に慎重になります。

ということは、他社からの借入がゼロであるか、借入残高が少ない方が、審査に通過しやすいということになります。それから、返済が遅れたなど、返済トラブルを起こしてしまうと、信用情報機関にその旨の記録が残ります。年収が高い方、または、ローンを完済している方であっても、過去に延滞をした記録があれば、審査にかなり不利になることでしょう。

アコムの審査基準は、公表されていませんので、どのような方が通過するのかについては、はっきりと示すことはできませんが、仕事をしていて、毎月決まった収入があることと、過去にクレジットカードやキャッシングで返済トラブルを起こしていないことが重要ポイントとなることは確かです。

また、その他にも、年齢、勤続年数、居住年数などといった属性も審査に影響することもあります。特に、勤続年数が極端に短い方や、賃貸住宅に住んでいて引っ越しが多い方も審査に落ちる可能性が高くなります。

アコムの申し込み手続きについて

ここでは、アコムの申し込み方法について紹介していきます。アコムでは店頭窓口、無人契約機、インターネット、電話、郵送など、5つの申込方法を用意していますので、都合の良い方法を選ぶとよいでしょう。

アコムでは、インターネットからは24時間365日申し込みを受け付けています。審査に通過し、FAXやウェブ上のアップロードで必要書類を提出すれば、すぐに融資を受けることができます。14時ごろまでに振込手続きを完了すれば、即日融資も可能ですので、急いでいるという方はインターネットから早い時間帯に申し込むと良いでしょう。

また、店頭窓口や無人契約機「むじんくん」に本人確認書類を持参すれば、その場で申し込み手続きを完了できます。また、窓口であれば、疑問点や不安点について相談にのってもらうこともできます。店頭やむじんくんから申し込んだ場合も、当日中に審査結果が出て、その日のうちに契約へと進めることができます。

その他にも、インターネットから必要書類をダウンロードして、郵送やFAXなどで申込むことができますし、電話での申し込みも受け付けています。上記のいずれかの方法で申込手続きをしたら、審査の結果を待ちます。審査には30分ほどかかり、審査の結果が出ると、電話やメールにて連絡が入ります。店頭や無人契約機で手続きをした場合、審査に通過し、契約手続きを完了すると、その場でカードの発行が受けられ、すぐに借り入れ可能となります。

その他の方法で申込んだ場合、カードは郵送されてきますが、手元にカードが届かなくとも、ネットや電話で「振込みによるキャッシング」が受けられます。 カードが届いたら、アコム店舗に設置のATM、銀行やコンビニの提携ATMから、限度枠の範囲内でいつでも自由に借り入れることができます。

もしATMまで出向くことができない場合は、電話やインターネットによる振込みサービスを利用すれば、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。このように、アコムは簡単に申し込むができますが、お金は計画的に借り入れるようにしてください。

アコムで借入出来ない方の対処法

お金が必要な時にアコムに断られた‥。こんな時は非常に困ると思います。こうした場合、2つの考え方があります。融資を諦めるか、それとも他業者を利用するか。もちろん、この選択肢以外にも親や親切、友人に借りるという方法も無いわけではないです。

ですが、最初にそうした方法を取らずアコムへ申込んでいるのですから、親や親せきに頼れない要り用である事が考えられます。しかも、一般に親せきや親に借りるのは嫌だという方が多いので、この選択肢を外して「アコムに断られたらどうするか?」を考えていこうと思います。

例えば、仮に今現在貸金業者数件の借り入れがあり、アコムの融資に申込んだけど断られた場合は、既に総量規制の範囲を超えるか、もしくはひっかかるぐらいの借金があると考えていいので、この場合の対処法は、これ以上借金を増やさない事が肝心です。

つまり、借入が多く返済のために借入を考えアコムに申込んだけど断られた場合は、アコムもしくは他業者の「店舗へ相談」に行き、借り換えローンの利 用を認めてもらう事。そうすると電話やネットで申し込むより親身になりアドバイス、相談を受けてもらえるので審査に通る確率も高くなり、毎月の返済負担も 軽減できます。

しかし、既に首が回らない状態でお金に困った状況の中でアコムへ申込み断られた場合は、一刻も早く専門家に相談し生活を立て直すべく法的な処置を取 る事が肝心。この場合、今現在専門家に支払うおカネがなくても(無料相談があります)大丈夫なので、借金に困ってアコムに申込み断られた場合は、専門家へ の相談の方が先決です。

又、過去に自己破産、他融資トラブルによりアコムに断られた場合は、自己破産やそうした融資におけるトラブルを抱えた方でも融資がなされる融資業者も実際あるので、そうした業者への申込みで融資は行われる確率が高くなります。

中堅の消費者金融業者の中には、破産や融資トラブルよりも今現在の生活をみて融資をされるところがあるので、アコムで断られたけどどうしても今月少しだけ借りたいという場合は、中堅の貸金業者で破産者OKの業者を選ぶ事により、実際そうした方の成功例が非常に多いです。

アコムの評判について

アコムは、大手消費者金融業者でふるくからある貸金業者なので利用者は非常に多いです。貸金業法の改正やグレーゾーン金利の廃止前はアコムも他消費者金融業者も非常に金利は高いものでした。アコムの場合は確か25%ほどだったと思いますが、最近は他融資機関とほとんど変わらないぐらいの金利で融資を提供しています。

その当時でも消費者金融業者は融資が早く審査も柔軟。なので、利用者は多くそれに伴い破産者も多かったのですが、そうした経緯もあり貸金業者には規制が設けられ、今に至るということになります。アコムの評判としては、以前は融資が早いと言うだけのメリットだけでした。

その当時は、評判がいいといっても融資の早さだけだったもといえるでしょう。しかし、今は金利も下げて負担なく利用出来る融資となるため、以前よりも更に評判はよくなっています。利用者の80%近くはアコムのローンを満足しているというデータもあるので、良い評判の多い消費者金融と考えていいと思います。

今では銀行も消費者金融業者もさほど変わりはないので、キャッシングの必要性のある場合には、審査も早く融資も早いアコムをはじめとうする消費者金融業者でのキャッシングはお勧めです。 もちろん、中には「銀行融資の方がいいに決まっているじゃないか!」という方もおられると思います。

ですが、カードローンを利用する場合、銀行もやはり通常の目的を持つローンより金利が高い。中には、最高金利17.8%でローンを提供する銀行もあるぐらいなので、それと比較するとアコムの融資と変わりありません。また、それなら時間の早いローンの方が借りる側は有難い。なので、キャッシングを利用する場合は、結果的にはじめての利用の場合は50万円以内で設定されますから、それに伴い金利も最高金利が設定されるので、それなら銀行のローンと内容はほとんど変わり無いという事なのです。

消費者金融と言うと、何となく恐いと思う方もおられると思いますが、消費者金融業者は今や銀行の傘下に入る業者や銀行が親会社となる業者が一般なので、むかしのイメージとは違い非常にクリーンで評判がいいのです。

このページの先頭へ